私は花粉症を患っているのですが、スギ花粉の季節が近づいてくると、敏感肌になり肌まで荒れてきます。
そういったことで、この時期に化粧をすると肌荒れがより悪化してしまうので、ナチュラルなメイクだけを行っています。
アイメイクくらいはしたいなと思うのですが、肌が本当に敏感になっているため、目がより痒くなり、出来なくなっているのです。
敏感肌でお悩みの原因は、多くが水分不足によりますが、あまり合っていない化粧水を使用しても、反対に悪化させてしまいます。
肌質どおり低刺激の化粧水を使うことで、保湿することが大切です。
二度洗顔することは肌に負担がかかりますので、刺激の少ない肌に合うクレンジングで、抜かりなく落とすようにしてください。
この頃、肌の衰えが目立ってきたかもしれない、そうした方にはスキンケアでアンチエイジングを実践しましょう。
最も効果がある方法は高い保湿効果のある化粧水でしっとりとしたお肌にすることです。
渇きはシワや原因になりハリがなくなりますので、ヒアルロン酸などがしっかりと入った化粧水で、しっかり潤いを与えてあげる事が重要です。
乾燥肌にお悩みの場合、化粧水でしっかりとうるおいを与えた後、必ず乳液を付けて、補給した水分を逃さないようにお肌にふたをします。
また、中からも、水分を補給することが大切なので、約2リットル分の水を飲むことに意識して心がけてください。
そうやってお肌をしっかりと保湿して、潤いのあるぷりぷりお肌を取り戻しましょう。
実はニキビは10代までの若い子だけの言葉で、20歳以上になるとニキビという言葉は使わないなんてよく聞きます。
ちょっと前に、何年ぶりかで鼻の頭に大きなニキビを見つけたので、主人に、「ニキビができたの」と見せると、笑いながら、「まだニキビなんて言ってるの?」と、言われてしまいました。