業者が前に乗っていた車の下取りをするのは、新しい車を買ってもらうための奉仕みたいなものです。
新しくない車買取業者に買取を依頼した時のように、古い車のグレード、カラー、オプションなどの人気の有る無しは下取りの値段には反映されません。
ディーラーにトレードインする前に、何社かの買取ディーラーの査定をの結果を知って、相場観を確認しておいてください。
中古車市場での車査定はその車種の人気に大きく左右されるので、人気の高い車であればあるほど高値で売ることが出来ます。
なおかつ、プラスの部分を次々に加算していく査定法を導入していることも多く、高く売却できる見込みが高いです。
そういったことで、下取りよりも車査定で売却する方がお得になるといえます。
高い見積価格をだしてもらうためには、何社もの車買取業者に査定を依頼するのが大事です。
買取の業者によって主に扱う車種などが異なり、買取金額に違いが出ることもあります。
複数の業者の査定額の違いを調べれば、買取価格の最高額がわかるので、交渉する材料になるはずです。
自信がない方は交渉が得意な友人に一緒に交渉してもらうといいですね。
車査定と下取りを比較したとき、下取りのほうが優れていると思っている方も少なくないと思います。
確かに、下取りであれば買おうとする車を愛車の下取りで値引きすることが可能ですし、買取手続きも購入手続きも一括で行えるので便利です。
ところが、単純に売値だけを考えると、車査定の方が高く査定されます。
車を手放そうかと思っているときに、買取と下取りを選ぶなら、売値を高くしたいのなら買取です。
下取りを選択した場合は買取よりも安く売ることになるでしょう。
下取りの場合、評価されない部分が買取ならプラスになることも少なくありません。
特に事故を起こしたことのある車を売る際は、下取りだと評価がかなり低く、廃車費用を負担しなければならないこともあります。