新車購入にマツダを選んだ場合、今のデミオの下取りをディーラーにお願いするという選択は誰でも考えますよね。
しかし、実はディーラーに下取りしてもらうと、得にならないことが多いはずです。
ディーラーの主力は新車販売ですから、下取り価格が高いと、それだけ儲けが減ってしまいます。
大切にしていた車を高価で手放したいのであれば、下取りはやめて買取してもらうようにしましょう。
買取の方がより得することが多いです。
それに、事故車や故障車を売却希望の折は、下取りの場合評価が低いため、得するどころか、廃車の費用がかかる可能性もあるでしょう。
ですが、買取をしてもらうなら専門業者を選択すれば、正式に買取をしてもらうことが可能です。
業者が古い車の下取りをするのは、新車を購入してもらうための奉仕みたいなものです。
買取業者に買取をお願いした時のように、中古車のグレードや色、オプションなどの有無は下取りの値段にはリフレクトされません。
ディーラーにトレードインする前に、いくつかの中古車買取ディーラーの査定を受けて、レートを認識しておいてください。
いらなくなった車があるときは買取と下取りのどちらにするか選択する必要があるでしょう。
では、どちらのサービスがより良いでしょうか。
高値で売りたいなら、買取をお勧めします。
買取と下取りでは査定で見る項目が全然違い、買取の方が高く査定してもらえる基準を使っています。
下取りでは査定に影響しない部分が買取では評価されたりするのです。
出張査定のサービスを使わずに店舗へ直接査定を依頼しに行ってもいいのですが、業者の出張査定の多くは全部、無料で行ってくれますから、利用してみた、という人も結構いるかもしれません。
買取業者の店舗まで、車を持って行かなくても良いというのは、ポイントが高いですが、ただで来てもらってるのに買取を断るのは忍びないと感じる人も少なからずいます。