新車購入にマツダを選んだ場合、今のデミオの下取りをディーラーにお願いするという選択は皆さん思い浮かびますよね。
しかし、ディーラーさんに下取りをお願いすると、得にならないことが多いと思われます。
ディーラーは新車の販売がメインですから、下取り価格が高いと、それだけ利益が減るということになります。
出張して査定してくれるというサービスを利用せずに査定を依頼しに店舗へ直接行ってもいいのですが、多くの業者の出張査定は全部、無料で行ってくれますから、利用してみた、という人も結構いるかもしれません。
買取業者のお店へわざわざ行かなくても良いというのは、ポイントが高いですが、わざわざ来てもらったのに買取を断るのは忍びないと考える人もいます。
車の査定と下取りを比べてみたとき、下取りのほうがいいと考えられる方も少なくないと思います。
確かに、下取りの場合は欲しい車を愛車の下取りで購入額から値引きが可能ですし、買取の手続きも購入手続きも同時に行えるので簡単です。
ところが、単純に売値だけを考えると、車査定の方が高いのです。
マイカーの出張査定をお願いしても買取を拒否することができます。
出張調査決定とは、自分の持っている自動車を売りたいと思った時に、車買取業者が何円ぐらいで買うのかを自宅まで無料査定に来てくれるわけです。
査定された額が自分の想定よりも安い場合には、拒否しても構いません。
車の買取ではトラブルが発生することも多く、ネット査定での価格と、実車査定の価格が大幅に違うというのはもはや普通でしょう。
買取に関する事項が決定した後に些細な理由をつけて減額されること事例も少なくありません。
車の引き渡しが終わったのに振込がないケースもあります。
高額な査定金額を売り物にするひどい業者には注意してくださいね。