新車をマツダで買おうとする場合、今持っているデミオのディーラー下取りという方法もありますね。
ところが、ディーラーに下取りをお願いすると、実は損になるケースがほとんどでしょう。
ディーラーの主力は新車販売ですから、下取り価格が高いと、その分だけ利益が減ってしまいます。
出張査定サービスを使わずに自分で店舗へ行って査定を依頼してもいいのですが、業者の出張査定の多くは全部無料とのことですから、利用しようという人も少なくありません。
わざわざ買取業者の店舗まで行かなくても済むというのは利点ですが、無料で来てもらったのに買取をやめたら申し訳ないと考える人もいます。
いちいち車の査定の相場を調べるのは億劫かもしれませんが、チェックしておいて損はありません。
いっそ、車を高く売りたいのであれば、愛車の相場価格帯を知っていた方が吉です。
その理由は、相場を理解しておくことで、営業スタッフが見せる査定額が最適なのかどうか判断可能だからです。
車を手放す際に買取と下取りのどちらを選択すれば得かというと、高く売りたいなら買取です。
下取りの場合は買取よりも安く売ることになるでしょう。
下取りでは評価されない部分が買取においてはプラスになることも多いです。
中でも事故者を売る場合は、下取りだと評価がかなり低く、廃車費用を負担しなければならないこともあります。
車査定と下取りを比較したとき、下取りのほうがいいと考えられる方もおられるでしょう。
確かに下取りにしたときは買おうとする車を愛車の下取りで値引きすることが可能ですし、買取の手続きも購入手続きも一挙に行えるので便利です。
ですが、売値だけに限って考えると、車査定の方に軍配が上がります。