新車をマツダで買おうとする場合、今乗っているデミオの下取りをディーラーへ依頼するという選択は誰でも考えますよね。
ところが、ディーラーに下取りしてもらってしまうと、得にならないことが多いはずです。
ディーラーの主力は新車販売ですから、高価な額で下取りをすると、利益がその分減ることになります。
車買取では問題が出ることも多く、ネット査定での価格と、実車査定の価格が大幅に違うというのはもう常識でしょう。
買取の契約が成立した後に些細な理由を見つけ出して買取額を低く修正されることも珍しくないです。
車を引き渡し終えたのに振込がないケースもあります。
高額な査定金額を売り物にするひどい業者には注意してくださいね。
車を売ろうと思った時には一般に買取や下取りのサービスを利用することになるでしょう。
では、どちらのサービスがより良いでしょうか。
高値で売りたいなら、買取をお勧めします。
買取の査定と下取りの査定は別物と言って良く、買取の方が高く査定する方法を用いて査定してくれます。
下取りだと気にされない部分も買取の時には価値を認められることもあります。
車の査定と下取りを比べてみたとき、下取りのほうが勝っていると考えておられる方も多いと思います。
確かに下取りなら欲しい車を愛車の下取り額で値引きできますし、買取手続きも購入手続きもいっぺんに行えるので、手軽です。
しかし、シンプルに売却価格だけを考えると、車査定の方が高額になります。
車の出張査定をお願いしても買取を断ることが可能です。
出向いてのアセスメントとは、自分の持っている車を売りたいと思った時に、中古車買取ディーラーがいくらぐらいで売れるのかを家まで査定に赴いてくれるサービスのことです。
査定された価格が、自分の思っていた値段よりも安いケースには、拒否しても問題ありません。