敏感肌であるということは、イコール乾燥肌であるといってもよいくらい別物だとはいえない密接な関連性があるといえます。
一度乾燥肌になると、ちょっとした程度の刺激を感じても過剰な反応を起こし、皮膚に赤みやかぶれ、腫れといった肌のトラブルに結びついてしまいがちになります。
これは、乾燥によって肌表面の角質層が薄まり、外からの刺激を肌内部まで通しやすくなっていることが原因といえます。
一度でも合わない化粧品をデリケートな肌の方が使うと、途端に肌が悲鳴をあげるので、落胆しますよね。
極めて注意したいのがエタノール、つまりエチルアルコールです。
ニキビ用の化粧品に主に使用されているのですが、敏感肌にはキツく、かえって悪影響を与える恐れがあります。
皮膚科で処方されるとしたら良いですが、市販の化粧品をお求めになる際はお気をつけください。
肌荒れとニキビが関連していることも有りです。
というのも、ニキビはホルモンバランスの悪化が主な原因なので、主に思春期にで発生しやすいです。
だけど、思春期をすぎても出現することがあり、その事例では大人ニキビとか吹き出物と言われます。
この大人ニキビの一因が肌荒れですから、スキンケアやライフスタイルには注意が必要です。
ちゃんと毎日髪を洗っているのに頭皮の痒みや、フケが気になるという方は、もしかすると敏感肌の可能性もあります。
その時は一旦手持ちのシャンプーの使用を停止しましょう。
敏感肌に適したシャンプーは無添加石鹸なのです。
余分な成分を含有していないので、肌にも髪にも優しく、刺激が少ないのです。
近頃、重曹がニキビケアに有効だという話をよく聞きます。
重曹は弱アルカリ性で、油分を分解する性質があるため、洗顔料に重曹を加えて洗顔することで、毛穴の汚れや角質の除去ができ、にきびの改善につながるのではと期待されているのです。
ただ、研磨効果のある重曹が含まれた洗顔料だと肌を傷つける可能性もあるため、試してみる際には注意をしなくてはいけません。