ディーラーが古い車の下取りをするのは、新しい車を買ってもらうためのサービスといってもいいでしょう。
新しくない車買取業者に買取をお願いした時のように、中古車の等級やカラー、追加要素などの世間からの受けの有る無しは下取りの値段には反映されません。
業者に下取りに出すより先に、いくつかの中古車買取業者の査定を受けて、レートを知っておいてください。
新車をマツダで買おうとする場合、今乗っているデミオの下取りをディーラーへ依頼するというやり方もありますよね。
しかし、実はディーラーに下取りしてもらってしまうと、本当は損になることが多いと思われます。
ディーラーは主に新車を売っていますので、高価な額で下取りをすると、それだけ儲けが減ってしまいます。
中古車の査定を依頼しても買取を拒否することが可能です。
査定とは、自分が乗っていた自動車を売ってしまいたくなった時に、中古車買取業者が、いくらぐらいで売却出来るのかを家まで査定に来てくれるサービスのことです。
査定された額が自分の想定よりも高くないケースには、拒んでも構いません。
一回一回車査定の相場をチェックするのは面倒かもしれませんが、調べておくなら損はありません。
むしろ、車を高額で売りたいのであれば、愛車の相場を認識していた方が得です。
その理由は、相場を理解しておくことで、営業スタッフが掲示した査定額が最適なのかどうかジャッジできるからです。
愛車を高額で手放したいのなら、下取りはやめて買取を選ぶようにしましょう。
買取を選択する方がよりお得になることが可能性大です。
それに、事故車、故障車の売却希望時は、下取りにすると評価がよくないため、得になるどころか、廃車費用の請求をうけることもあるでしょう。
ですが、買取をしてもらうなら専門業者を選択すれば、正式に買取をお願いすることができます。