いらなくなった車があるときは買取と下取りの二つが主な選択肢として挙げられます。
では、どちらを利用すれば良いのでしょうか。
高く売りたい場合は、買取の方が良いでしょう。
買取の査定と下取りの査定は別物と言って良く、買取の方が利用者にとってありがたい査定方法を採用して査定しています。
下取りでは査定に影響しない部分が買取では評価されたりするのです。
新車をマツダで買おうとする場合、今乗っているデミオの下取りをディーラーへ依頼するという選択は誰でも考えますよね。
しかし、実はディーラーに下取りしてもらってしまうと、実は損になるケースが多くなるでしょう。
ディーラーは新車の販売がメインですから、下取り価格が高いと、利益がその分減ることになります。
車の買取一括査定は、ネットで複数の車買取会社にまとめて査定を依頼可能なサービスです。
一社一社に査定を依頼むと、かなり時間がかかってしまいますが、車買取の一括査定を使ったら、ほんの数分だけで複数の買取業者に頼むことができます。
利用しないよりも利用した方がいいので、車を売る時は一括査定を利用するようにしましょう。
ディーラーが古い車の下取りをするのは、新車を購入してもらうためのサービスといってもいいでしょう。
中古車買取業者に、買取を頼んだ時のように、中古車の等級やカラー、追加要素などの有無は下取り価格には殆ど影響されません。
業者に下取りに出すより先に、古い車買取ディーラーの査定を受けて、相場を認識しておいてください。
高い見積価格をだしてもらうためには、複数の車買取業者に査定してもらうのが一番です。
車買取業者によって得意とする車種やメーカーなどがあり、買取金額に違いが出ることもあります。
複数の業者の査定額を比較すれば、買取価格の違いがわかるので、査定額をアップしてもらいやすくなるはずです。
気が弱い方は交渉上手な友人に交渉を手伝ってもらうといいですね。