いらなくなった車があるときは買い取ってもらうか下取りに出すかするでしょう。
二つの内、どちらを選ぶのが良いのでしょうか。
高く売りたい場合は、買取を選びましょう。
買取と下取りでは査定の方法も全然違って、買取の方が価格を高くする査定方法を採っています。
下取りだと気にされない部分も買取では評価されたりするのです。
大切にしていた車を高く手放したいのなら、下取りではなく買取を選択しましょう。
買取を選ぶほうがずっとお得になることが可能性大です。
それに、事故車、故障車の売却希望時は、下取りの場合評価が低いため、プラスどころか、廃車費用がかかってしまうこともあるでしょう。
ですが、買取をしてもらうなら専門業者を選択すれば、正式に買取をしてもらうことが可能です。
車の査定と下取りを比較したら、下取りのほうが優れていると思っている方も少なくないと思います。
確かに下取りにしたときは買おうとする車を愛車の下取りで購入額から値引きをできますし、買取の手続きも購入手続きも同時に行うことができるので楽ではあります。
しかし、シンプルに売却価格だけを考えると、車査定の方が高額になります。
一回一回車査定の相場を確認するのは面倒かもしれませんが、探す行為をしておいて損はありません。
むしろ、車をもっと高く売りたいのであれば、愛車の相場を確認しておいた方が有利です。
なぜかというと、相場を把握しておくことで、営業さんが提示した査定額が最適なのかどうか判断可能だからです。
マツダで新車を買う場合、今のデミオの下取りをディーラーにお願いするというやり方もありますよね。
しかし、ディーラーさんに下取りしてもらうと、本当は損になることがほとんどでしょう。
ディーラーの主力は新車販売ですから、下取りの価格を高くしてしまうと、高い分だけ利益が減ってしまいます。